- 世界自然遺産・白神山地を源流とする地下伏流水の恵み -

- 日本という大地で育まれた、国産の米・米麹 -



北国津軽(つがる)の 厳しい冬。

「頑固 で 無口」

そして人情に厚い、青森の人々。

その “じょっぱり” 気質と、

弘前の歴史ある蔵人たちが生み出す

津軽の名門の

地 酒 と は

どんな 味 なのだろう。








【弘前銘醸お試しセット (純米吟醸遊天・純米酒弘前城・ にごり酒弘前城) 300ml×3本】


【大吟醸 遊天 720ml】



【純米吟醸 遊天 720ml】



≪送料無料≫
2,980円(税込3,218円)

3,000円(税込3,240円)

2,200円(税込2,376円)


【純米吟醸 羽衣 720ml】


【純米酒 弘前城 720ml】


【にごり酒 弘前城 720ml】

2,000円(税込2,160円) 1,280円(税込1,382円) 1,200円(税込1,296円)








じょっぱりたまて箱5種


吟醸酒じょっぱり


大吟醸 じょっぱり

≪送料無料≫
3,800円(税込4,104円)

1,430円(税込1,544円)


3,300円(税込3,564円)


作り酒屋のかわいいお酒



青森 梅原酒



500円(税込540円)
1,480円(税込1,598円)

 







≪送料無料≫ 2,296円(税込2,480円)




純米大吟醸 華一風


特別純米酒 華一風

2,047円(税込2,211円)
1,405(税込1,517円)


純米吟醸 斬


本醸造津軽じょんから


純米酒 津軽蔵人
1,405円(税込1,517円)
1,019円(税込1,101円)
1,092円(税込1,179円)





1.原料米を精米します。本醸造、吟醸酒、大吟醸酒などは精米歩合により区別されています。米は磨けば磨くほどに表面の雑味が失せ、米本来の旨味が洗練された形で味わえるようになります。 2.精米された酒米を蒸した後冷やして「麹室」と呼ばれる部屋へ運びます。麹室では蒸米に種麹をまきます。 3.種麹を与えられて一日たった麹米は、麹蓋という道具に敷き詰められ約3日間、厳重な温度・湿度管理のもと、保存されます。こうして、麹ができあがります。できあがった麹は、酒母を造るために用いられます
4.酒母を作ります。酒母は、酵母という微生物を大量培養させたもの。酒母造りは、蒸米に水と麹を加え、発酵させていくという流れを経ます。 5.できあがった酒母に、さらに蒸米と水、麹を加えて仕込室で一定の量に調整していきます。こうしてできあがるのが醪(もろみ:酒の源液)となります。 6.圧搾室ではできあがった醪(もろみ)に圧力をかけ、清酒を搾り出します。清酒が搾り出された後の圧搾機には、元の醪から板状の酒粕が分離して残ります
 
7.搾りあげられた清酒は、ろ過→火入れ(生貯蔵酒は行わない)という工程を経てタンクに貯蔵されます。清酒は貯蔵されている間も、調熱したりして味に丸みをおびさせます。 8.完成した日本酒は、瓶の中に注がれ、蓋をされラベルを貼られて、出荷・販売を待つ状態となります。  






▲ページTOPへ